革染め

修理で相談件数が一番多いのは、革染め修理となります。

鞄を普段使いしていると、どうしても色褪せ、擦れキズなどが気になってきます。
革染めを行う事で、鞄全体に油分を吸わせますので、革の栄養補給に繋がり、鞄全体がリフレッシュした感じになります。

何件も触れてきた実感としては、油分が失われて柔らかくなっていた鞄が、革染め修理から戻ってくると、見た目だけではなく、触った感じでも違いを感じる事ができると思います。

鞄を購入してからオイルアップメンテナンスを行っておらず、色褪せ等が気になった場合、特にお勧めです!

before_after_17161
before_after_15135
before_after_556
before_after_15129
before_after_677
before_after_445
before_after_219
before_after_206
before_after_436
before_after_221

染め直し

日焼け、シミ、汚れ、カビ、ボールペン跡を消して元の色で染め直しします。
浅いキズやスレも目立たなくなります。

​※画像の矢印をクリックで様々な事例が見れます。

1.png

表革の状態によって価格が変動する事があります。
スウェード等の起毛素材については、革染めを行うことが出来ません。
エナメル地のバッグの修理も可能ですが、気泡が残る可能性があります。

before_after_09069
before_after_12065
before_after_105
before_after_222
before_after_434
before_after_440

染め替え

染め変えの場合、黒、焦げ茶、濃紺をお勧めしております。
淡い色から淡い色」への染め替えは出来ません。
また内袋の有無や素材によっては染め直しが出来ないものもございます。

※画像の矢印をクリックで様々な事例が見れます。

2.png

ツヤ出し

クロコダイルやリザードの艶出しや、普通の革もツヤ出しの加工を施すことができます。
サンプル写真はございませんがツヤを消してマットなお仕上げも可能です。

before_after_16128
24
3.png
image843.png
image2964.png
bitmap.png
image3023.png
image2929.png
image3060_edited.jpg